子供向けのアクティビティー

気温のアップダウンはあるものの、夏らしい気候になってきたイギリス。今週1週間はハーフターム(学期中間)と言って、多くの学校が中休みでした。こちらの学校には日本と同じように春休み、夏休み、冬休みの長期休暇がありますが、さらに学期の中間に当たる時期、1週間の特別休暇が設けられています。何しろ休みが多い!ハーフタームは、一般公開しているガーデンにとっても稼ぎ時。なぜなら、皆、家族で出かけられる場所を探しているからです。写真は、アクティビティーの最後にもらえるご褒美の「リーフメダル」。

メダルは今ちょうど花を咲かせているHorse Chelstnuts(セイヨウトチノキ)の葉がモチーフです。

ガーデントレイル

ナショナルトラスト(イギリスの文化財や自然の風景地などを保全しながら、次世代につながる活動をしている慈善団体)などの大きな施設では、子供達が興味を持ってガーデンを散策できるように、「ガーデントレイル」と呼ばれる催しが行われます。これは、ガーデン内の各所に予め配置された仕掛けを、子供達が回遊しながら探し、その場所やそこに暮らした人々、そして植物についても学べるという仕組み。

 

Belton House(ベルトンハウス)


ここは、1995年にBBCで放送された「Pride & Prejudice(高慢と偏見)」のロケ地としても知られている、リンカンシャー州の大邸宅です。ベルトンハウスに魅せられた2人の女性アーティスト(植物画家と水彩画家)を取り上げ、子供達にも「クリエイティブになろう」と呼びかけるものでした。邸宅前のグリーンとイエローのYew(イチイ)の小道がトレードマーク。イギリスは、次世代の教育にも熱心です。

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。