オータムベリーズ&フルーツ

秋が訪れると、ガーデニングシーズンが終わったように思いがちですが、この時期の庭はまだまだ魅力がいっぱいです。春は比較的寒く、夏は暑かったので、今年のイギリスは、紅葉だけでなく、クロッカスやシクラメンなど、秋咲きの球根のディスプレイも期待されています。そして、秋の庭を彩る実ものは、この季節にしか楽しめない、庭の小さな宝石のような存在。写真は、庭から集めた、今旬の実ものたちです。

ピンクパールのような輝き
Sorbus hupehensis var OBTUSA

 


ナナカマドは、赤やオレンジの実がよく知られていますが、ピンクの実のなる品種も結構あります。写真は、Hubei Rowan(フーペイローワン)と呼ばれる種類。その他、Sorbus vilmoriniiや Sorbus bissetti ‘Pearls’ も同じく、まるでピンクがかったパールのようなコロコロとした実をつけます。

ターコイズ色のイヤリング
Clerodendrum trichotomum var. fargesii

 

自然の力でこんなに美しい色が出せるのかと思わせるような、まさにターコイズブルー。香りのある白い星形の花後、ガクがマルーン色の変わり、中央の実が色づくと、まるでイヤリングのような装いになります。和名はアマクサギ。

太陽に映える黄金の実
Malus x zumi ‘Golden Hornet’

 

イギリスでは、1940年代から出回っている、根強い人気の品種。春の白い花、小さめのグリーンからゴールデンイエローに色づく実が樹全体を覆う姿は見事です。野生動物が好まないので、冬になっても実がなかなか落ちないのも魅力のひとつ。実はジェリーやサイダー作りにも向く。

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

 

 

 

|

PAGE TOP