ロンドンのグラフィティ(落書き)とグリーン

Leake Street (リークストリート) in London

久しぶりのロンドンの話題です。
「公認された落書き地区」という看板がかかっている落書きだらけのトンネルがあります。場所は、ロンドンのランドマークにもなっているロンドンアイからそんなに遠くない、ウォータールー駅の近く。かつてユーロスターの発着駅として利用されていた頃、このトンネルは車用の通路として使われていたそうです。
2008年から歩行者用通路になり、バンクシー(イギリスのグラフィティーアーティスト)がグラフィティのイベントを仕掛けたことがきっかけになって、国内だけでなく、ヨーロッパからもアーティストが「落書き」しに来るようになり、今でも観光地化しています。

 

ポケットパーク

 
その楽しい落書きに溢れた「Leake Street Tunnel(リークストリートトンネル)」のエントランスには、「Pocket Park(ポケットパーク)=ミニ公園」と呼ばれるグリーンの空間があります。背景にある鉄道がインスピレーションという大型プランター(コルテンスチールと呼ばれる、時間の経過とともに程よく錆びる鋼製のプランター)に、いま求められているワイルドライフ(野生生物)にやさしい植物が植えられています。

 

アーバンオアシス

 


この場所は以前、使われなくなった物販のスタンドがそのまま残るなど、ゴミ捨て場のように使われ、麻薬の取引も行われていたような「あやしい」場所でしたが、グラフィティ(落書きアート)とグリーンによって、見事にアーバンオアシスとして生まれかわりました。

 

 

 

落書きもこれだけ集まると「空間アート」。
スプレー缶を片手に落書きをしている人々の姿もあります。

 

著者プロフィール

白井法子 Noriko Shirai

白井法子さん

ケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。