イタリア アブルッツォ州へ

今回は、夏休みで訪れたイタリアの話題です。イタリアと言うと、ローマ、フィレンチェ、ベネチアなどがメジャーですが、ローマのあるラツィオ州からそんなに遠くない、アブルッツォという州を訪れました。ここは、アドリア海に面するビーチと3つの国立公園が共存する、海と山の両方を楽しめる場所です。海岸で新鮮なシーフードを食べ、10分も車で走るとこんな景色が見えてきます。正面に見えるのはオリーブ。右奥には、ワイン醸造用のブドウ園が広がります。

教会のガーデン


教会の中庭は、コニファのトピアリーが中心のフォーマルガーデン。バラも咲いていました。


イタリアの教会らしいと思ったのが、ガーデン内に飾られた十字架とキリスト。こんもりとした足元には、多年草のSedum reflexum(サカサマンネングサ)。


ちょうど結婚式が行われていたので、写真を撮らせてもらいました。ウェディングフラワーは、バラ、アジサイ、トルコキキョウにカスミソウ、ユーカリ、アスパラガスをあしらったもの。イギリスでも見かけそうな組み合わせです。


結婚式のゲストが新郎新婦に祝福の気持ちを込めてまく、伝統的な「ライスシャワー」。お米と一緒にランとアジサイの「フラワーシャワー」も用意されていました。ライスシャワーには、「食べ物やお金に困りませんように」という願いが込められているそうです。

家庭のガーデン


キッチンからそのまま出られるテラスには、太陽の恵みをしっかり受けて育ったバジルの鉢植え。トマトとの相性抜群で、カプレーゼ(モッツァレラチーズ、トマトとバジルのサラダ)には欠かせません。大きな葉をさっと摘み取って、使えるのが嬉しい。


パレットを上手に利用したポットスタンド。バジルはもちろん、ミントの鉢などが3つずつ並んでいました。真似してみたい、おしゃれな廃材利用です。

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。