こういうときだからこそ「家で園芸」

R.banksiae  モッコウバラ
もう30年以上前、バラの撮影を始めたころに行った、
故村田晴夫先生のお庭で咲いていました。
あまりのきれいさに感動してわけもわからず買い、
それ以来、ずっと咲いてくれている我が家の代名詞的バラです。

 

撮影の本格シーズンを前に……

いよいよゴールデンウィークも始まって、いつもの年だったら開花の始まったバラ園に早朝から撮影に行ったり、お庭取材のスケジュールを打ち合わせしたりと、今がいちばん忙しい時期のはず。
でも今年は世の中「外出自粛」で、どこにも行くことができません。
毎日、自宅で朝から晩までビオラにタネをつけたり、バラのつぼみを確認したり、花の終わった球根の鉢を片付けたりと、何となく園芸三昧の日々を送っています。

コレラ、ペスト、スペイン風邪、エボラ出血熱にSARS、名前だけは知っていましたが、ずーっと昔の話だったり、どこか遠くの国で起こっている事でしたので、2020年の日本にいる自分の身に危険が迫ってくるとは想像もしていませんでした。
何をどうしたらよいかもわからない状況は皆さんも同じでしょうが、僕もただただ不安な毎日を過ごしています。

 

こんな状況でもできるのが「家で園芸」

とはいえ、テレビで見ていた芸能人が亡くなったり、ニュースで医療関係者の大変な現状を毎日のように見ていると、無能な政治家やパチンコをしに朝から行列を作る人間には腹が立ちますが……。
とりあえず自分は自宅にいられるのだから幸せな方かなと思ったり、不安がってばかりいても仕方がないので、「何か」しなければいけないかなと思ったりもしています。

「何か」といっても、僕の場合は花のカメラマンですから、やはり「何か」とは「花の写真を撮ること」になります。
今年の花のシーズンは手洗い、うがい、マスクにソーシャルディスタンスを守り、自宅から近い場所で他の方に迷惑をかけないように注意しながら、きれいに咲いた花やお庭の撮影をしていこうかと思っています。

幸い、自宅から車で20分のところに京成バラ園があります。
ヘッドガーデナーの村上敏さんが「今年はお客さまにはバラは見てもらえないかもしれないから、今井さんよかったらたくさん写真を撮ってください」と言ってくださったので、バラの撮影は何とかなりそうです。

春のシーズンの撮影は近場で頑張るにしても、秋はだれにも気兼ねなくどこまでも遠くに行けるようになるとよいですね。
こういうときだからこそ、家で植物とじっくり触れ合ったり、面倒をみたり。
朝から晩まで家族に呆れられるくらい、ずーっと庭にいるのも楽しいものですよね。

 


Leu cocoryne coquimbersis
南米チリ原産のユリ科の球根。
球根の花はきれいなものが多いけど、リューココリネはいちばんきれいかもしれない。

 


Lachenalia
ラベル紛失で品種名不明になってしまったけど、大好きな南アフリカ原産のケープバルブ。

 


Freesia verrcosa

こちらもケープバルブ。
原種のフリージアはかわいいのでたくさん持っていますが、このベルコーサは格別にかわいい。

 


Martin Frobisher   HRg
5年くらい前に、北海道の苫小牧市にある「イコロの森」のバラ園で見て一目ぼれ。
昨年、東京・目白のショップ「音の葉」の田中さんのところから我が家にお迎えしたバラ。
ハイブリッド ルゴサのバラを育てるのは初めてだったけれど、つぼみをたくさんつけてくれてひと安心です。

 

著者プロフィール

今井秀治  Hideharu Imai

4g_mg_2109

フリーのフォトグラファー。
旅行雑誌の取材で行ったイギリスで、ガーデニングの魅力にはまり、仕事も園芸雑誌が中心に。
「趣味はバラとクレマチス、クリスマスローズの収集。最近は小球根も加わって、庭は足の踏み場もない状態です。主婦の友社の『ガーデンローズカレンダー』は毎年好評でライフワークのようになっています」
https://www.facebook.com/hideharu.imai

『2020 ガーデンローズカレンダー』の
ご注文はこちら→