ワクワクがとまらない早春の庭

Cyclamen coum
シクラメン・コウム
2018年2月下旬、
群馬県高崎市の「高崎クリスマスローズガーデン」にて。
スノードロップとコウムの撮影に行ったときの写真です。
撮影後にハウスの中を物色中に見つけた、
ピンクの花弁に白い絞り入るお宝のコウム。
花後も大切に風通しのよい半日陰の棚の上で管理したら、
ことしは花数もふえてますますお宝コウムになりました。

 

早春の便りは全国各地でも

2月末になり、寒さもようやく緩んできて、この4〜5日はすっかり春の陽気ですね。
SNSでは一斉に「クリスマスローズが咲きだしました」という記事でにぎやかになり、2~3日前には「ウグイスが鳴いています」なんて言う投稿もあったりしました。

僕の庭も2月前半はビオラだけだったのに、いまは原種シクラメンのコウムやスノードロップ、クリスマスローズが咲き出しました。
小球根のケースの中では、ペラルゴニウムや南アフリカの小球根に花芽を発見……と、毎朝庭に出るのが楽しい大好きな季節到来です。
これで、自分が花粉症でなければ言うことなしなのですが(笑)。

 

わが家のお宝株たちをご紹介!

今月はウチの庭で咲いている、かわいい子たちを紹介します。

 

Galanthus nivalis Viridapice
ガランサス ニバリス ヴィリダパイス
このスノードロップも、最初の写真のシクラメン・コウムと同様に、「高崎クリスマスローズガーデン」からお招きした子です。
ハウスの中には、高崎クリスマスローズガーデン園主の富澤さんがイギリスから買ってきた、見たこともないようなお宝中のお宝スノードロップがズラッと並んでいます。
一品ものだったり、非常に希少なものだったり、もちろんお値段もそれなりのものばかりなので、僕のようなスノードロップ初心者が欲しがってはいけないのですが……。
その中では比較的安価でたくさんあったこの子を選びました。

 

Viola
ビオラ
一昨年くらいから育種家さんのビオラを撮影する機会が増えて、そのかわいらしさに魅了されているのですが、ことしの2月初めにやっとビオラの聖地である宮崎県の園芸店「アナーセン」のビオラ展に行ってきました。
写真のビオラは、ビオラ展撮影の前日に、青い小輪のビオラで有名な石川園芸さんにお邪魔した時に一目惚れしてしまったビオラです。
こんなすてきなビオラを欲しいと言ってはいけないかな? と躊躇していると、同行してくれた常連さんたちもどんどん選んでいて……。
石川さんも「コレもどうぞ」と別の子まで出してくださったので、ありがたくわが家にお招きしました。

 

Helleborus croaticus
ヘレボルス・クロアチカス
このクロアチカスはもう5〜6年前、もっと前でしょうか、静岡の「花工房たんぽぽ」という園芸店に撮影に行った時に出合いました。
山梨県の広瀬さんという生産者さんが、かわいいクロアチカスをたくさん作っていて手軽に手に入るようになってきたころのことです。
僕もすでにいくつかもっていたのですが、撮影していてファインダーの中のこの子を見た瞬間、「連れて帰らなきゃ!」と思ったお宝のクロアチカスなのです。

 

Oxalis
オキザリス
ネットオークションで買った春咲きのオキザリスですが、この暖かさのせいか、気がついたら棚の上で咲いていました。
オキザリスというと、ふえやすくて厄介と思われがちですが、かわいい花が魅力で、マニアもたくさんいる植物です。
僕は「大木ナーサリー」が扱っている南アフリカ産の秋咲きオキザリスにもはまっています。

 

著書プロフィール

Hideharu Imai 今井秀治

4g_mg_2109

フリーのフォトグラファー。
旅行雑誌の取材で行ったイギリスで、ガーデニングの魅力にはまり、仕事も園芸雑誌が中心に。
「趣味はバラとクレマチス、クリスマスローズの収集。最近は小球根も加わって、庭は足の踏み場もない状態です。主婦の友社の『ガーデンローズカレンダー』は毎年好評でライフワークのようになっています」
https://www.facebook.com/hideharu.imai