いまから作る夏の寄せ植え

久しぶりに寄せ植えを作りました^^

この暑い中、植えるのも植えられる植物たちにも過酷な時期ではありますが、園芸店へ顔を出すと夏に楽しみたいお花もたくさん!!

素敵な花色のペチュニアを見つけたので、涼しげな色合わせにしてみました。

 

お花を楽しむのは、ペチュニアとユーフォルビア。
葉色を楽しめるアジュガ。
株の間を埋めてくれる、つる性のリーフ。
鉢は大きめで低いものを選びました。

 

植物の気持ちになって、少しの工夫を

 

盛夏に根っこをいじるにあたって、少し気をつけてあげたいこと。
「自分がその植物だったら……」
と、考えてみます。
暑さに強い植物でも、やはりこの尋常ではない温度と湿度には参っていると想定。

 

写真1)
水やりした水の水温も上がるため、植えたばかりの根の張っていない寄せ植えは、特に根腐れが心配。
土の水はけをよくしたり、根腐れ防止剤を加えたりします。
今回は鉢の下半分くらいの土に多肉植物の用土を混ぜ込みました。
土の間に空気が入ることで、根も張りやすい環境になります。

あとは、肥料も少なめにしておいて、少し植物の食欲(笑)が戻るころに追肥するといいでしょう。

 

写真2 と3)
暑い時に植物を強剪定すると、枯らしてしまうことがありますよね。
地上部もですが、地下の根っこも同じです。
切られて傷んだところから新しい根を作り出す体力はあまりないので、鉢底の根を軽くほぐす程度で植えつけます。
根を切りすぎるのも心配ですので、写真2のように株間が詰まっている場合は株分けは控えて、そのまま植えます。
写真3のように根を切らずに分けられる苗は、やさしく分けます。

 

写真4)
できるだけ葉が重ならないように、株の間は広くとり、風の通りをよくします。
さりげなくその隙間を埋められるように、つる性の植物を植えるときに、向きを調節しておきます。

 

夏の寄せ植え

蒸れに強いユーフォルビアを中間の高さに。
足元はアジュガ。色や葉の大きさが違うもので。
ロータス・ブリムストーンは、ペチュニアが伸びてきたころに、ちょっとした支えにもなり、花のついていない茎の部分も目立たなくさせます。
株間や動きの少ない場所に、つる性のヘデラやロニセラがくるように植えてあります。

 

置き場所は半日陰の風通しのよい場所が理想。
終わったお花や傷んだ葉を取りながら。
水やりは日が沈んだころがおすすめです。

作り方は私の一例です。
いろいろな工夫や、その方の植え方や水やりの腕次第で、「らしさ」が出せますよ^^

 

気温が下がってきたら、ペチュニアを切り戻して、秋まで楽しみましょう。

 

 

著者プロフィール

Plants あ屋 栄福綾子

Ayako Eifuku
04_dsc1629

「Plants あ屋」として、植栽や寄せ植え、個人レッスン、ワークショップなど、植物に関すること全般で活動中。
「植物のある生活を楽しみたい方のお手伝いをさせていただいています」

メール plants-aya@outlook.jp

https://www.facebook.com/plantsaya/

https://www.instagram.com/plants_aya/

 

|

PAGE TOP