国際バラとガーデニングショウのお手伝いへ

 

賑やかに美しく。
今年も春が通り過ぎてゆく。
厳しい冬を越えての春。
春夏秋冬。
やっぱりいいものです^^

 

第20回を迎えた「国際バラとガーデニングショウ」!!
今回初めて、少しだけお手伝いをさせてもらいました。
このイベントを作り上げる方々の植物や空間への情熱をじかに感じることができて、本当に楽しい時間でした^^

 

それぞれの情景を

私がお手伝いをさせていただいたのはウエルカムガーデンの一角。
イノセントガーデン 」川鍋さんのスペース。
数年前に初めてお店に伺った時の感動は、いつまでも心に残っています。
(現在は移転し、とびっきり私の好みのお庭と美味しい食事とお菓子が楽しめる
Cafe ONIWA」に。)

 

前日に壁のトタンと樹木が入った写真を見て盛り上がり。
当日、用意されていた植物を見てわくわく!!
国バラのイメージにとらわれることなく、自分の感性の中のお庭の情景を作り上げていくようでした。
お手伝い陣は、その想いに寄り添うように手を動かします。

 

こうかなぁ、どうかなぁ、と植物を配置。
そこに川鍋さんの手が加わっていくことで、すごく変わるんです!!
ひとりのもつイメージを皆で作り上げていく。
こういう共同作業ってできるんだなぁと感嘆しました^^

 

川鍋さんが作り出した情景は、まるで外から切り取ってきたかのような風を感じる空間でした。
草や花穂がそよぎ、バッタや蟻や蝶々が住んでいそうな。
夕日や朝日に優しい佇まいをみせてくれる。
そんな空間。

 

好みはそれぞれ違うし、価値観も違う。
それぞれが自分のお庭を表現している。
それぞれに素敵なところがある。
全てが一緒じゃないから楽しいよなぁ!!と改めて思いました。
同じなのは、楽しむ姿勢^^

 

ご来場されていたお客様の多さや、皆さんがそれぞれに楽しんでいらっしゃるところを見て、とっても嬉しくなりました。

 

ガーデニング部門 大賞

青木真理子さんのお庭。
全身緑のファッションの彼女はみどりちゃんと呼ばれていて、どこにいても目立ってチャーミングでした^^

 

こんな素敵なお庭でゆっくりできたらなぁ~!!
と誰もが思うのではないでしょうか?
優しい音楽の調べが聴こえてきそうです。
しばらく気持ちはお庭に入り込みながら見入っていました。

 

ガーデニングもハンギングも、たっくさん載せたい写真がありましたが・・・限りないので自粛。

 

かけがえのない時間でした。
自分の目で見て、体験して。
たくさんの方々の熱気を感じて。
分かち合えて。
新しい連帯感が生まれたり。

 

植物が好きな人がこんなにたくさん!!

 

いつもひとりでお庭を楽しんでいる方も、見るとまた気合いが入りますよね!!
私もがっつり充電されました。

 

なかなか腰が上がらない。
という方も、この季節、ぜひオープンガーデンやイベントに足を運んでみてください。
何かしらの刺激が待っていますよ^^

 

 

著者プロフィール

Plants あ屋 栄福綾子

Ayako Eifuku
04_dsc1629

「Plants あ屋」として、植栽や寄せ植え、個人レッスン、ワークショップなど、植物に関すること全般で活動中。
「植物のある生活を楽しみたい方のお手伝いをさせていただいています」

メール plants-aya@outlook.jp

https://www.facebook.com/plantsaya/

https://www.instagram.com/plants_aya/

 

|

PAGE TOP