白馬はバラと宿根草がきれいです

みなさま、こんにちは!
現在、コロナで休職中、
白馬コルチナ・イングリッシュガーデンの西田です。

もう7月ですね!!
今年は一番よい時期に休園だったため、
不完全燃焼なトップシーズンでした。

雪国の気候で春が遅い当ガーデンも、
ようやくピークから折り返し始めた感じ…。
まだ遅咲きのバラは楽しめますが、
ほぼファースト・フラッシュは終了、
デッドヘディング(花がらカット)三昧の日々です。

香りの良いバラほど花期が短く、
出勤するたびに「この間、切ったばかりなのに・・・。」と文句を言いながら、
作業を行なうのでした…。

本当は当ガーデンにお越しいただいて見て頂きたいのですが、
今回はこのガーデニング通信でご紹介したいと思います。

・コルチナ レッドが映えるホテル

ガーデンとは関係ありませんが、
パンフレットで使えそうな写真ですよね♪
休館中なのでホテル裏から写真を撮ってみました。
アートっぽく、テーブルとチェアーを置いてみました。
こうしてみると当ホテルって他にはない、凄い存在感です!

・花真っ盛りのマクランサ・ローブリッター

豪雪地帯に適しているバラ、マクランサ・ローブリッター。
枝がしなって雪に埋まっても、毎年たくさんの花を咲かせます。
今年は1週間ほど早めに咲き始めました。

・ネペタとローブリッターが競演する、ローズガーデン

 

当ガーデンのデザイナー、マーク・チャップマンさんのデザインは、
ローズガーデンと言ってもバラだけが植栽してあるわけでなく、
色々な宿根草も一緒に植栽されています。
手前のネペタ・ファッシーニのシルバーがかった葉と、
涼しげな青花が効いています。

・大好きなバラ、ロサ・ガリカ・ベルシコロール

ホテルをバックに、ロサ・ガリカ・ベルシコロール(R.ムンディ)
が咲いています!
薄いピンクと濃いピンクのマーブル花弁は本当に美しく、
1輪1輪、すべての花の模様が違います。
何万という品種のバラが現在存在しますが、
個人的には10本の指に入るほど大好きなバラです。

・レストラン「リリカル」前のガーデン

ときどき、このガーデニング通信で経過をご報告している、
レストラン・リリカル前のガーデン。
ここまで良くなりました♪
自宅に植栽してある2軍落ちした植物や、
当ガーデンで売れ残った苗で構成したガーデンです。
グラスを多めに植栽したので、穂がなびく様子はなかなか風情があります。
あるモノだけで造園した、0円ガーデン。西田監修です(笑)

・ペンステモン ハスカーレット

ご存知の方も多く、この品種は園芸界ではベタかもしれませんが、
銅葉品種の宿根草の中ではピカイチ♪
管理が楽で育てやすい植物をマイガーデンに入れるのは、
Enjoy gardening を続ける上でとても重要かと思います。
花が綺麗でも、珍しい植物でも、
その土地に合わず管理が大変な植物ばかり植栽すると、
そのうちにガーデニングが嫌になってしまいますよ♪(笑)

・マテレア・シクロフィラ

コイツはガーデンに関係ありませんが、
極寒の白馬にある、
僕の自宅で育てて早4年目になります。(無論、屋内で)
黒い花が咲くとの事で楽しみにしていますが、未だ咲かず・・・。
塊根部がまるでコルクの様な肌触りで、
ついつい、なでてしまう♪
ただ白馬で栽培すると冬場の光熱費がかかるので、
そこがなかなか大変です。(泣)

著者プロフィール

白馬コルチナ・イングリッシュガーデン
チーフガーデナー

Baisho Nishida
西田倍章

白馬コルチナ・イングリッシュガーデンの西田さん

幼いころから植物に親しみ、多くの植物を栽培。コマツガーデンにてバラの栽培管理と生産を学び、バラ‘ジェントリー ウィープス’を作出。2010年より白馬コルチナ・イングリッシュガーデンのガーデナー。

白馬コルチナ・イングリッシュガーデン
http://hakubacortina.jp/englishgarden/index.html
ホテルグリーンプラザ白馬
http://www.hgp.co.jp/inf/Z01/hgp/
白馬コルチナリゾート
http://www.hgp.co.jp/cortina/ski/index.html