冬こそ見つけよう、すてきなガーデン資材

皆様、明けましておめでとうございます。
白馬コルチナ・イングリッシュガーデンの西田です。
令和2年!今年も宜しくお願い致します。

毎年、毎年、年始は雪の話ですね。
本当に温暖化のせいか雪の降り始めが遅くなってきて、
今年は豪雪地域にある当ガーデンも、あまり雪に埋もれていません。

この時期のガーデニング通信は話題性に乏しいのですが、
今回はリアルタイムで!
この花のない次期にこそ、ガーデン資材のお話をしようと思います。
皆さんご存知、当ガーデン・デザイナーのマークさんは、
イギリスでいろいろなガーデン資材をみつけて輸入しているので、
今まで購入してきた、オススメのアイテムをご紹介しますね♪

・Which ford社のオーバル素焼き鉢

古いものなので、いまではもう、売っていることはないと思います。
旧ロゴのWhichford社のオーバル素焼き鉢。
この厚みを見てください!!
ワインじゃーないですが何年モノでしょうか!?
過酷な豪雪地帯の白馬でも何のその!
ちなみに20年以上は所有しているので、
個人的には一番気に入っています!
今まで色々植えてきましたが、
去年の秋に無敵のセンペルビウムを植えてみました。(笑)

※ちなみにこの鉢だけは、
ぼくがイギリスに行ったときに購入したものです。

・バースにあるWillow社の素焼き鉢

こちらも、イギリス バースにあるWillow社の素焼き鉢!
マークさんから一昨年購入したお気に入りです。
販売店も少なく、まだ在庫あれば「買い」ですよ♪
良い鉢は、時代を超えても良いですね♪

・イギリスの化粧砂利

お気付きかもしれませんが、
上の写真の鉢の中には、培養土の上に化粧砂利を敷いています。
この砂利もイギリスの化粧砂利でお値段は高めですが、
ホームセンターで販売している砂利とは全く違う!
超本格的な砂利です!
個人的には、園路にこの砂利を敷き詰めるのが夢なんです!!(笑)

・ハリネズミのオーナメント

このハリネズミのオーナメントは、イギリスの職人の手作りだそうです。
色合いに微妙な違いがあり、コイツに決めました!
雪のちらつく今日も、愛嬌のある表情でガーデンを和ませてくれます♪♪

・イギリスの壁掛けのオーナメント

こちらもマークさんの所でしか買えません!
イギリスの壁掛けのオーナメントです。
僕の悪趣味で目玉がくっ付いてますが、
かけるだけで、かなりいい雰囲気がでますよ!
この他にも色々なバラエティーがあり、
自分に合ったオーナメントが見つかるはずです!

・Moulton Mill社のハンドフォークと移植ゴテ

最後は去年お世話になった
Moulton Mill社のハンドフォークと移植ゴテ。
本当にお疲れ様でした!と伝えたいほど、
ヘビロテToolでした!(笑)

以上、イギリスかぶれか!?と思われるかもしれませんが、
本当にイングリッシュガーデンを引き立てる、
とても素晴らしいアイテムたちです。
お金がないのでこれからも少しずつ集めていきます♪

著者プロフィール

白馬コルチナ・イングリッシュガーデン
チーフガーデナー

Baisho Nishida
西田倍章

白馬コルチナ・イングリッシュガーデンの西田さん

幼いころから植物に親しみ、多くの植物を栽培。コマツガーデンにてバラの栽培管理と生産を学び、バラ‘ジェントリー ウィープス’を作出。2010年より白馬コルチナ・イングリッシュガーデンのガーデナー。

白馬コルチナ・イングリッシュガーデン
http://hakubacortina.jp/englishgarden/index.html
ホテルグリーンプラザ白馬
http://www.hgp.co.jp/inf/Z01/hgp/
白馬コルチナリゾート
http://www.hgp.co.jp/cortina/ski/index.html