温室で咲き続けるマーガレット

冬場は室内で管理しなければならない耐寒性のない植物は、育てるのが何となくおっくうになりがちです。でも、中にはそんなに手がかからずに、一年中花を咲かせて、冬の間も楽しませてくれる植物があります。霜が降りなくなったら、鉢のまま玄関先などに出し、寒くなり始めたらまた室内にしまうという方法をとれば、写真のように株をどんどん大きくできます。

(Photo 2, 3 & 4)

マーガレット‘チェルシーガール’

 

Argyranthemum gracile ‘Chelsea Girl’ (マーガレット‘チェルシーガール’)は、シルバーの細葉が美しい品種。白いデージーのようなデリケートな花を咲かせ、こんもりと茂ります。その他、クランベリーレッドの花びらにキイロのセンターのMeteor Red(ミーティア レッド)や鮮やかなキイロの花を咲かせるCornish Gold(コーニッシュ ゴールド)なども同様に人気の品種。

挿し木も簡単


そして、何よりも嬉しいのが、挿し木で簡単に増やせること。冬の間にトレイに挿し木し(苗の写真はイメージです)、暖かくなってから鉢上げすれば、あっという間に根が張ります。この方法だと、温室内の場所を取らずに増やすことができます。

たくさんできた苗は、思い切って花壇やボーダーに植えれば、春から夏にかけて、一年草として楽しむこともできます。
写真はhttps://blog.barnsdalegardens.co.uk/2015/ より抜粋。

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。