冬剪定したサルスベリの実でガーデンクラフト

みなさま、こんにちは♪
the-farm universal chibaの石川久美子です。

今月から1年間、こちらのリレーエッセイで
「庭やベランダで育てた植物を、暮らしの中で気軽に楽しめる提案」
をさせていただきます♪
どうぞよろしくお願いいたします!

さて、、、
1月のおすすめは「サルスベリの実」。
みなさんは庭で咲いたサスルベリが、
晩秋からこんな面白い形の実をつけるのをご存知でしたか?

晩秋に葉が落ちても、実は残っていたりするんですよね。
秋から冬の剪定時期に実を取って、クラフトで楽しめるんです。

・サルスベリのフライングリース

庭のサルスベリの実を、リース台に挿しただけで、
立派なフライングリースに!

実を切る時に、少し枝を残して切っておくと挿しやすくなります!

リース台は…といいますと、
庭で伸び放題のワイヤープランツの枝を切り、
数本ぐるぐる〜っとまとめただけ。簡単です!
もちろん市販のリース台でも代用できます♪

完成するとこんな感じ。
ナチュラルな雰囲気なので、
リビングでも、庭でも、どこでも似合います。

・もうひとつは、キャンドルホルダーです。

年末にばっさりと剪定したラベンダーの葉を乾かして、
ドライフラワー にしたものを一緒に挿しました。

こちらも作り方は簡単!
市販のドライフラワー 用のドーナツ型のリース台に、
ピンセットを使って隙間なく、
ラベンダーとサルスベリの実を差していきます。

隙間ができないように、ギュウギュウに詰めていくと、
形もきれいにできて、壊れにくくなりますよ♪

冬はキャンドルの光が、とても暖かく感じますよね。
火を灯してくつろぎの時間を楽しんでくださいね!

著者プロフィール

the Farm UNIVERSAL CHIBA
花売場(おはなのもり)売場チーフ

Kumiko Ishikawa
石川久美子

大学卒業後、園芸市場勤務をへて、現職。2011年ハンギングバスケットマスター取得。2015年国際バラとガーデニングショウハンギングバスケット部門優秀賞ほか、受賞歴多数。園芸ガイド本誌でも、ひと工夫あるかわいい寄せ植えやハンギングバスケット、手作りのガーデンクラフトなどを提案。

the Farm UNIVERSAL CHIBA
http://the-farm.jp/

the Farm UNIVERSAL CHIBA instagram
https://www.instagram.com/thefarm_chiba

石川久美子instagram
https://www.instagram.com/lahanan7003

|

PAGE TOP