個性的なクリスマスデコレーション

クリスマスツリーのてっぺんには、イエス・キリストが生まれた時に目印になった星を、そして、ゴールドやシルバー、緑、赤のBauble(ボーブル)=ガラス玉を吊り下げるのが伝統的なデコレーション。でも、「毎年同じではつまらない」と、ショッピングセンターやレストラン、また家庭でも個性的なクリスマスツリーやテーブルアレンジが盛んです。ガーデンセンターはインスピレーションの宝庫。12月に入るとアイデア探しに訪れる人々で賑わいます。今年の私の一押しはコレ。Snowed in for Christmas〜雪に埋もれたログハウスで、暖炉を焚きながら過ごすクリスマスをイメージしたディスプレイです。

デコレーションのアイデア

1. ドライフラワーや球根をグラスに

ワイングラスやシャンペングラスに、ドライにしたアジサイやヒヤシンスの球根を無造作に入れる、ゴールドの飲み口がクリスマスらしさを引きて立てます。

 

2. カトラリーを吊り下げる

テーマに合えば、何を吊り下げてもよし!

3. イスの背もたれにリース


リースといえば、ドアに飾るのが一般的ですが、窓枠や鏡など、好きなところに飾って楽しみます。


ドライオブジェのアリウムやマツボックリなどの自然素材とアーティフィッシャルなゴールドリーフやヤドリ木との組み合わせが面白い。

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

 

|

PAGE TOP