白馬の秋晴れと秋雨

みなさん、こんにちは。
白馬コルチナ・イングリッシュガーデンの西田です♪
今年の秋は異常気象の連続ですね。
ガーデンは台風直撃でしたし、台風が過ぎ去ったあとは異常な寒さ…。

毎年のことですが、この間まで暑く暑くて、
シャツ一枚で仕事をしていたのに、
一転、長袖カットソーに長袖シャツ、パーカー、
更にアウターと四枚へ!
フライング気味に、もうヒートテックを着ている
ガーデナーもいるんですよ!笑
とにかく白馬は、一気に寒くなりましたね。

しかも、今日は雨の中作業です…。
枯れ枝をカットしたり除草をしたり・・・。
上から下までまるで泥人形のような状態で黙々と作業。
いい事なんて全然ないな~・・・と思いながら、
ガーデンをメンテナンスしていると、
雨だからこそ美しい写真が撮れたりするんですね、これが…!

今回はガーデンの秋晴れと、
秋雨の日の写真をご紹介したいと思います。

1.晴れ部門 秋のオータムガーデン

秋といえばやはりハギでしょう♪
萩の丘になりつつある
白馬コルチナ・イングリッシュガーデン内のオータムガーデン。

ハギはマメ科の植物なので、
痩せた土壌でもどんどん大きくなります。
この時期のオータムガーデンは、まるでピンク色の滝の様です。

2. 晴れ部門 ハギの斑入り品種

こちらは、珍しいハギの斑入り品種。
一つ一つに皆違うクリームイエローの斑が入り、
とても美しいですよ♪

3. 晴れ部門 ピンクアナベル

シークレットガーデン内のアナベル、ピンクアナベルは、
完全にドライフラワーになりました。

この時期は、華やかさはないものの、
目にやさしい緑に癒されますね♪

4. 雨部門 バラ、ラプソディーインブルー

個人的にはこのくらいの開花タイミングが一番好きです♪
バラ、ラプソディーインブルー。
花びらに雨水をためてさらに美しさ倍増ですっ!!

5. 雨部門 ミズナラの実(ドングリ)

当ガーデンのリバーウォークは、名のごとく小川に沿って出来た場所です。

既存の植物を残しつつ、
その場所に合った様々な植物を植栽したエリアです。
やはり小川の側で樹木が多いせいか、涼しく苔が生えて、
ミズナラの実(ドングリ)がこの時期たくさん落ち、
季節感のある自然美溢れる場所です。

6雨部門 コルチナ・キノコガーデン?

最後に、もはやガーデンとは関係ないですね(笑)
コルチナ・キノコガーデン。<ジョークです♪
自然豊かな原生林とつながったエリアには、
彩り豊かなキノコが生えています。

著者プロフィール

白馬コルチナ・イングリッシュガーデン
チーフガーデナー

Baisho Nishida
西田倍章

白馬コルチナ・イングリッシュガーデンの西田さん

幼いころから植物に親しみ、多くの植物を栽培。コマツガーデンにてバラの栽培管理と生産を学び、バラ‘ジェントリー ウィープス’を作出。2010年より白馬コルチナ・イングリッシュガーデンのガーデナー。

白馬コルチナ・イングリッシュガーデン
http://hakubacortina.jp/englishgarden/index.html
ホテルグリーンプラザ白馬
http://www.hgp.co.jp/inf/Z01/hgp/
白馬コルチナリゾート
http://www.hgp.co.jp/cortina/ski/index.html

|

PAGE TOP