エルダーフラワーのコーディアル(つづき)

イギリスはロシアワールドカップで盛り上がっています。もちろん自宅で観戦する人もいますが、パブでビールを飲みながら仲間と観戦するのがイギリス流。

前回のブログで「エルダーフラワー・コーディアル」がどのようなドリンクかを書きました。セイヨウニワトコ(Sambucus nigra)、日本では、あまり見かけないようですが、黒葉にピンク花の園芸種、「ブラックビューティー」や「ブラックレース」、また黄金葉に白花の「ゴールドタワー」などは、専門ナーサリーから入手できるようなので、今回は実際にコーディアルの作り方をご紹介することにします。

ピンクの花からはローズ色のコーディアル


我が家の庭にも白とピンク、両方のエルダーフラワーがありますが、「ピンクの花で作ると、ロゼワインのようなコーディアルができるよ」と友人から聞いたので、ピンクの方で作ってみることにしました。イギリスではレシピがいろいろ出回っていますが、以下はセレブリティーシェフの一人、ジェイミー・オリバーのもの。

エルダーコーディアルの作り方

<材料>
エルダーフラワーの花序15ヶ
(つぼみ、または開きかけた状態のものがベスト。お天気のいい日に暑くなりすぎる前に摘み取るのが風味を最大に出すコツだそう。)
上白糖 500g
ハチミツ 大さじ4杯
レモン(ワックスのかかっていないもの) 2ヶ
水 1リットル

<手順>

1. エルダーフラワーの花を摘み、虫などが残らないようにしっかりと洗う(多少葉が入ってもOK)。

2. 大きめの鍋に上白糖とハチミツを入れ、水1リットルを注ぐ。

3. ゆっくりと火にかけて、砂糖が溶けたら、火から外す。


4. エルダーフラワーの花を逆さにしてしずめ、薄く削ったレモンの皮とともに鍋に一緒に入れる。

 


5. レモン1ヶは半分にして果汁を絞り、もう1ヶは輪切りにして鍋に入れる。

6. 鍋にフタをして、24時間置いた後、大きなボールにガーゼをかぶせて、鍋の中身をこす。

7. 煮沸消毒したボトルに入れ、水、炭酸水、スパークリングワインなどで割って飲む。

澄んだローズ色の飲みやすいコーディアルができましたが、ちょっと酸味が足りないと感じ、クエン酸を加えてみると美味しくなりました。また、花は15ヶより多め方がエルダーフラワーの香りと色がもっと出るかな〜というのが作った後の感想です。

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

 

|

PAGE TOP