エルダーフラワーのコーディアル

今回は身近な「ドリンク」の話題。イギリスで昔からよく飲まれているハーブドリンクの一つに「エルダーフラワー・コーディアル」があります。ハーブの一種と考えられるエルダーフラワーは、呼吸器系の気道を浄化する働きがあることから、昔から風邪の初期症状に効果があると言われています。コーディアルとは、果実やハーブのエキスから作る濃縮飲料で、エルダーフラーの場合は、花序を煮詰めてシロップを作り、水で薄めて飲みます。日本では、西洋ニワトコ(学名はSambucus nigra)。

マスカットの香りの白い花

イギリスでは、5月の終わりから7月初旬にかけて、この小さい白い花を咲かせるエルダーフラワーがあちこちで見られます。花はマスカットのような爽やかな香り。時々、道路脇の生垣などで花を摘んでいる人々の姿も…。エルダーフラワーの花序に砂糖やハチミツ、さらに香り付けの柑橘類を入れて気軽に作れるので、イギリスでは自家製コーディアルを常備している家庭も結構あります。

写真に映っている瓶は、イギリスのビーバーフルーツファームのもの。手摘みの有機エルダーフラワーが原料で、香料や着色料、そして保存料を一切使っていないので、子供にも安心です。

エルダーフラワーの園芸種

‘ブラックビューティー’やブラックレース’は、黒い葉が魅力的の園芸品種。成長が早く、愛らしいピンクの花後には実も付けるので、庭のアクセントに最適。葉が勢い良く成長している間は、(下の写真のように)新葉が緑と黒の中間色のようになりますが株が落ち着くと葉の黒さが増します。葉の黒味を増すには、黒法師などと同じで、日光をしっかり当てることがカギ。

 

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

 

 

|

PAGE TOP