チューリップが真っ盛り

 

先週の半ばはぐーっと気温が上がり、木曜日は、1949年以来、4月の気温としては一番暑い28度を記録したイギリス。長かった冬が終わり、やっと春が訪れたというより、一気に夏がやってきた感じです。この気温の上昇で、ピークを迎えているのでチューリップ。以前にもブログで紹介したことのある、プランツウーマン、セーラ・レイヴンさんの庭、パーチヒル・ファームもチューリップの開花に合わせてオープンしました。写真の花束のようなチューリープの鉢植えは、セーラさんオススメの2種入り。

T. Brownie(ブラウニー):コッパーブラウン。まるで、バラやラナンキュラスのような豪華な八重咲き。
T. Antraciet(アントラシェット):赤紫から深紅の八重咲き。サテンのようなツヤのある花びら。

グルーピングされた鉢には、ブラウニーと一緒にT. Slawa(スラワ):褐色とサーモンピンクのツートンカラー。

スイセンとチューリップ


チューリップだけの鉢植えはボリュームがありますが、全く違った花姿のスイセンが入ると、動きが感じられます。スイセンがピークを終えた頃にチューリップが咲き出すので長く楽しめるのも嬉しい。チューリップのMango Charm(マンゴー・チャーム)とスイセンSweet Smile(スウィート・スマイル)の組み合わせ。ブルーに塗られたブリキの鉢が相性抜群です。


園芸ガイドの夏号(5月8日発売)では、パーチヒル・ファームのカッティングガーデンの様子をレポートしています。どうぞお楽しみに!

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

|

PAGE TOP