Spooky Weekend(スプーキーウィークエンド)

10月最後の週末、イギリス各地の一般公開されている庭では、ハロウィーンにちなんだ、ちょっとスプーキー(薄気味悪い)な催しが行われました。また、風物詩のカボチャを使った、ジャック・オー・ランタン(カボチャをくり抜いてロウソクを灯す)作 りのワークショップはもちろん、大きく育ったカボチャの重さを推測する「パンプキン・ウェイオフ」などなど。今回は、イギリス中部ラットランド州のバーンズデールガーデンのハロウィーンの様子をお届けします。コスチュームをまとった子供は、ガーデンへの入場料が無料というサービス付きでした。

ハロウィーンの森


リンゴとナシを仕立てたフルーツアーチも「Treacherous Tunnel(危険がいっぱいのトンネル)に変身。

 


落ち葉、シダの葉、木の枝や樹皮でできた森の妖怪。


チキンワイヤ、植物を寒さから守るフリースカバーとゴミ袋で作ったゴースト。庭ならどこでも簡単に見つかる材料。


カボチャはジャック・オー・ランタンだけでなく、半分にしてこんな風に植物(Gunnera manicata グンネラ・マニカタ)の足元に飾っても。

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

 

|

PAGE TOP