暑さに強い植物で〝夏のガーデニング〟を楽しく!

暑さが厳しい夏は、ガーデニングのモチベーションも上がりにくいシーズン。
とはいえ、そんな時期でも元気に育ってくれる植物もたくさんあります。
『園芸ガイド2022夏号』では、そういった花やリーフプランツを使った、「元気が出る寄せ植え」を紹介しています。

レクチャーしてくれるのは、福岡県朝倉郡の園芸店「元気で活きのいい植物&マルシェ オニヅカ」の店長、井上盛博さん。


井上店長は、いまやユーチューバーとしても活躍中!
YouTubeチャンネル「オニちゃんねる」も大人気です。

 

バラエティーに富む〝暑くても元気な植物〟

『園芸ガイド2022夏号』で紹介しているのは、育てているとこちらまで元気が出てくるような「夏花」と「夏葉」。それらを使ったセンス抜群の寄せ植えは要チェックです!
写真は、井上店長の真骨頂である「リングバスケット」。ビンカ(ニチニチソウ)などの花はもちろん、リーフプランツだけで作ってもこんなに鮮やか!
 

 

寄せ植えの作り方、植えたあとの管理のコツなども丁寧に誌面でレクチャーしています。

夏に作って、秋まで長く楽しめるので、ぜひ『園芸ガイド2022夏号』を参考にして、寄せ植え作りに挑戦してみてくださいね。
この季節ならではの植物とともに、夏のガーデニングを楽しみましょう!