ポール・スミザーさんの2019年植物基礎講座の受講生を募集中

山梨県「萌木の村 ナチュラルガーデン」の
芽吹きの葉が美しいスモークツリー‘グレース’

 

 

ポール・スミザーさんの記事が好評!『園芸ガイド2019冬号』

発売中の『園芸ガイド2019冬号』(2018年12月8日発売)では、ランドスケープデザイナーのポール・スミザーさんの記事が好評です。
誌面に登場するたびに大きな反響があるポールさんの記事ですが、今回は、春までの間に作業ができる「低木の剪定とバラの仕立て方」がテーマ。
ブッドレアやスモークツリー、シモツケなど、庭木として人気の低木を剪定例として使い、ポールさん自身の作業と解説で掲載されています。
バラも、ハマナスやつるバラ、ガリカローズなど、「萌木の村ナチュラルガーデン」にあるバラを使って実際に仕立てた例をわかりやすく解説。
「それぞれの木の性質を知れば、剪定はもっと気楽にできるよ」と、記事中でポールさんもおっしゃっています。
ぜひお手にとってご覧ください。

 


記事内で紹介しているブッドレアの剪定方法。

 

ポールさんの直接指導が受けられる「プランツコース」開講

そのポールさんから実地で直接指導が受けられる植物の基礎講座「プランツコース」が、2019年も開講されます。
ポールさんがガーデンデザインを手がけている山梨県清里の「萌木の村ナチュラルガーデン」で行われる定員15名の少人数制の講座で、将来、植物に関わる仕事で活躍したいと考えている方、もしくは、自分の庭を自らの手で植栽・管理していきたい方に特におすすめです。

開講は4月20日(土)で、11月2日(土)まで全8回、10日間。
植物名は世界共通である学名(ボタニカルネーム)で行い、ポイントとなる英語の園芸用語はわかりやすく解説し、海外留学を目指す方にとっても最良の準備コースです。
講座は萌木の村のほか、八ヶ岳周辺にある野草の生息地での自然観察ツアーも予定しています。

 


多種多様な植物が植栽されている「萌木の村ナチュラルガーデン」にて、
さまざまな植物の性質や特徴、活用方法、手入れのしかたについて学べます。

 

直接ポールさんの指導が受けられる希少な講座「プランツコース」の第一次募集の締め切りは、2019年2月28日(木)です。
詳細は、こちら()をご覧ください。

 

|

PAGE TOP