越後花絵巻2018 in サントピアワールド

サントピアワールド(新潟県阿賀野市)で、いち早く、早春のイベントが開催中です。外は雪が積もる銀世界のなか、阿賀野市のサクラ「結桜」が見られるほか、プロジェクションマッピングによる夜桜体験などの展示が盛りだくさん。同時開催の第4回「冬の寄せ植え&ハンギングバスケットコンテスト」の審査に「園芸ガイド」も参加させていただきました。


花材が少ないこの時期に、春をいち早く感じさせてくれるオリジナリティ豊かな作品が、全国から集まっています。受賞作品を一部ご紹介します。

↑大賞は、菅原範子さんの「春隣~はるとなり」。

↑金賞は、石川久美子さんの「はるいろシフォン」。

銀賞は2作品で、

田代吉宏さんの「追憶」と、

青木祐子さんの「アリゾナの大地」。


↑そして、早春の森の景色をほうふつとさせるほうふつとさせる、千葉有華さんの作品「森」に、園芸ガイド賞を贈呈いたしました。

 

「越後花絵巻2018」は2月25日(日)まで開催中です。「冬の寄せ植え&ハンギングバスケットコンテスト」の応募作品すべても展示されています!

●サントピアワールドホームページ

http://www.suntopi.com

 

 

 

 

|

PAGE TOP