『おうちでとれたて!ハーブと野菜』発売!

イタリア料理に欠かせないバジル、 無農薬野菜のサラダ、 いい香りのするサシェやバスソルト…。 料理やクラフトに使うハーブと野菜を自分で育てて、 暮らしの中に取り入れてみませんか。
春から夏にかけては、 植物のタネまきや植えつけの適期。ぜひガーデニングを始めてみようという人におすすめなのが、5月1日に発売された『おうちでとれたて!ハーブと野菜』。ハーブ&手軽な野菜の育て方がくわしく書いてある、お役立ちの一冊です。

 

育ててみたい!おすすめのハーブを紹介

バジルやコリアンダー、 カモミール、 ミントなど、 人気&注目のハーブカタログを収録。
各ハーブの特徴やタネまき、 植えつけ時期、 どんな用途に向くのかもくわしく紹介。
困ったときは育て方のポイントを確認!

 

ハーブ苗の植えつけの基本をおさえておけば安心!

植えつけの基本を手順を追った写真でていねいに解説。初心者でもわかりやすいので、 これさえわかればいろんな苗を植えられます!

 

育てたあとに楽しい! クラフトでハーブを生活に生かす

ハーブには体と心に心地よい香りや成分が入っています。それらをバスソルトやサシェ、 ポプリ、 コスメなどにして暮らしに中に取り入れる方法を紹介します。
ハーブティー用の寄せ植え、 バスソルト用の寄せ植えなど、 クラフトのときに便利な花とハーブの寄せ植えのやり方も。

 

スプラウトや野菜の育て方も!

その他に便利キットを使ったスプラウトの作り方や、 夏野菜の定番のトマトやナスの作り方も紹介しています。
ベランダや小さな庭でもできるので、 ぜひご自身の環境に合わせてハーブや野菜育てを楽しんでみてください。

 

著者紹介

田代耕太郎
早稲田大学芸術学校都市デザイン科卒業後、 都市計画の仕事を経て(株)河野自然園に入社。
ハーブや野菜を取り入れた寄せ植えやハンギングバスケットを得意とする。
植物が伸びやかに咲き広がる立体的な作風が注目され、 2016年国際バラとガーデニングショウのハンギングバスケットコンテストで最優秀賞、 2017年日比谷公園ガーデニングショーで東京都知事賞の2大タイトルをW受賞。
ガーデンデザイン、 リフォームなどを担当しながら、 講習会などでハーブや野菜の栽培指導も行う。

 

おうちでとれたて!ハーブと野菜
◆著者:田代耕太郎
◆定価:1760円(税込)
◆仕様:B5変形判、112ページ