自然の恵み、バーチウォーター(白樺の水)

 

以前から気になっていたバーチウォーターを初めて飲んでみました。「ほのかな甘みがあって、すっきりとしたのど越し」というのが第一印象。イギリスでは確実に目にする機会が増えています。日本では、解毒効果があることから「森の看護婦」、また、アミノ酸やミネラルが多く含まれることから「飲む化粧水」などと呼ばれているようです。

春先だけに採れる貴重な飲料

北欧やロシアでは、健康飲料として古くから飲まれていると聞き、ロシア人の友人に本当かどうか聞いてみました。白樺から出るこの樹液は、いつでも採れるわけではなく、春先(3月〜4月頃)に限られます。よって、ロシアでは春の飲み物「バーチジュース」として親しまれているそうです。

バーチウォーターの成分

成分表を見てみると、97%が白樺の樹液で、自然由来の果糖が3パーセント加えられています。クエン酸も若干含まれているようです。1カートンあたり28キロカロリーで、脂肪分はゼロ。

どうやって採取するの?

 

白樺の幹に穴を開け、そこに蛇口の代わりになるチューブや木の筒を差し込むと、樹液がドンドン流れてくるので、ボトルやプラスチックの袋で受けて採取します。

樹木のアイスティー


左はバーチ(樺)風味、右はパイン(松)風味のアイスティー。こちらは家具販売店IKEA(イケア)で購入したもの。日本でも販売されているのでしょうか?スウェーデン発だけあって、ちょっとした森林浴をしているような気分になれそうです。

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

 

|

PAGE TOP