雪解けとともに花々の開花する白馬

こんにちは、白馬コルチナ・イングリッシュガーデンの西田です♪

 

先日行われた「国際バラとガーデニングショウ」に、
当ガーデンのデザイナーのマークさんが参加していたので、
僕もそのお手伝いでずっと埼玉の方に出張していました。

 

白馬を出た時(5月10日)はガーデンにまだ雪が残っていましたが、
1週間後に帰ってきたら、雪がほとんど溶けていて、
スイセンなど球根類が咲き乱れていました♪

 

そして今日は….一体なんなんですかね…?異常な暑さですよ~。
10日前と温度が20度も違うので、花が一気に咲き出しています。
・・・雑草はどんどん生えてくるし、ヒィヒィ言いながら仕事しています。(笑)

 

白馬コルチナ・イングリッシュガーデンは、
元々の自然を残し、既存の植物も出来るだけ生かして施工したガーデンです。
特にウットランド・ウォーク内には、この時期に開花する既存植物も多いので、
今回はこの時期に開花する自生の植物をご紹介しましょう♪

ミズバショウ


ガーデン内には、リバーウォークというエリアがありまして、
元からあった小川沿いに植物が群生しています。
さすがに今は咲いていませんが、4月末から5月中旬まで、
ミズバショウがさわやかに咲いていましたよ♪

ヤグルマソウ(銅葉)


銅葉種のヤグルマソウは、夏には緑になりますが、
芽吹き時は素晴らしいメタリックダークカラーの葉。
6月に入ると淡いピンクの花穂が咲いてきます。

サンカヨウ(山荷葉)


去年くらいから話題になった山野草。
花びらが薄く、雨が降ると花びらがガラス細工の様に透けるんです!
花後は大きなブルベリーのような実が付き、食べられます♪

ミヤマエンレイソウ


少し地味な花ですが、葉が三つ葉で印象的。
ヒドゥンガーデンエリアでは、かなりの数が群生しています。

ルイヨウショウマ


こちらも数は少ないですが、
とても美しい花です。
自生している可憐な山野草です。

ワイルドな山野草たち


この他にも、このエリアには、
ガーデン・デザイナーのマークさんがチョイスした宿根草が多数あります。

ユキモチソウ、シラネアオイ、エンレイソウ、
ユリ各種、シダ類などなど、
山野草としても馴染み深い植物が季節を追って咲き出します。
イングリッシュガーデン内に溶け込んだ、
ワイルドなエリアに仕上がっています。

今年はオープンから売店の苗が充実しています♪
特にアスチルベとグラス系をたくさん入れました!
今年発表された珍しい植物もありますのでぜひ足をお運びください!!

本年度は5月20日からオープンしています!
今年もたくさんの入園者のみなさまをお待ちしております♪

著者プロフィール

白馬コルチナ・イングリッシュガーデン
チーフガーデナー

Baisho Nishida
西田倍章

白馬コルチナ・イングリッシュガーデンの西田さん

白馬コルチナ・イングリッシュガーデンの西田さん

幼いころから植物に親しみ、多くの植物を栽培。コマツガーデンにてバラの栽培管理と生産を学び、バラ‘ジェントリー ウィープス’を作出。2010年より白馬コルチナ・イングリッシュガーデンのガーデナー。

白馬コルチナ・イングリッシュガーデン
http://hakubacortina.jp/englishgarden/index.html
ホテルグリーンプラザ白馬
http://www.hgp.co.jp/inf/Z01/hgp/

白馬コルチナリゾート
http://www.hgp.co.jp/cortina/ski/index.html

|

PAGE TOP