リンゴの収穫をお祝いするアップルデー

こんにちは。イギリス在住のガーデンライター、白井法子です。
園芸事情をはじめ、イギリスの暮らしのフレッシュな情報をお伝えしていきます。

ナショナル・アップルデー

秋は果物の美味しい季節。公園のベンチで、電車やバスの中でも、リンゴを丸かじりしているイギリス人をよく見かけます。イギリスには、「ナショナル・アップルデー」というリンゴの収穫を、国を挙げてお祝いする日があります。いつ頃始まったかというと、実は1990年10月21日と比較的新しいのです。ロンドンのコベントガーデンで発祥し、その後、イギリス全土に広がり、今では10月の週末を通してリンゴに関するイベントが各地で行なわれるようになりました。

 

リンゴの収穫をお祝いするアップルデー

リンゴの品種紹介。イギリスではGALA(ガラ)やCOX(コックス)が最も食されています。

 

リンゴの収穫をお祝いするアップルデー

このガーデンには果樹園があり、そこで収穫されたリンゴが販売されます。

 

リンゴの収穫をお祝いするアップルデー

リンゴジュースやサイダー(リンゴの発泡酒)のテイスティング。
リンゴを持ち込むと、ジュースにしてくれるというサービスもあります。

 

リンゴの収穫をお祝いするアップルデー

長年この果樹園で働いているスタッフによるガイドツアーも。

 

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。

『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

|

PAGE TOP