小洒落たショッピングストリート(ロンドン・チェルシー)

ロンドンのチェルシー地区のパビリオンロードは店構えが統一された小洒落たお店が並んでいます。その一角にグルメな人にはたまらない、厳選された食材のみを扱うワイン屋、チーズ屋、パン屋、肉屋などが昨年末にオープンしました。これは、ロンドンのカドガンエステートという高級物件を扱う不動産屋が5年計画で打ち出したプランの一部で、地域の活性化と洗練化を目的としているそうです。新鮮で見た目にも美しい野菜や果物を販売している店先の美しいディスプレイを横目に歩いていくと、ツリーファーン(木性シダ)の群植がチラリ。。。

都会のジャングルのような一角

階段を降りた先には、ガラス張りのブティックが何軒か入った高級感のある商業スペース。その公共エリアは色濃い緑にあふれていました。


ツリーファーンのほかにも、ヤシやレモンなど、温暖な地域で見られる植物を中心に、葉の形や色にこだわった植物が贅沢に植栽されています。まるでちょっとした都会のジャングルのような新鮮さです。

 

インパクトのある大型コンテナ

 


大きめのプランターにも、南国の雰囲気でありながらも耐寒性のある植物が植わっています。鉢のデザインや色も様々で、下草の選び方も個性的。大きい鉢とは言え、この先何年植え替えせずに済むかは?ですが、インパクトのある植栽で、小洒落たストリートにぴったりです。

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。

『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

|

PAGE TOP