ロンドン住宅街の風変わりな緑のオアシス

ロンドンの南西部、にぎやかなキングスロードの西の終わりに何やら不思議な空間が〜。このあたりは、チェルシーフラワーショウが行われるチェルシー地区にあるWorlds End(ワールズエンド)と呼ばれるエリアです。大きな看板の後ろにはたくさんのグリーン。近寄ってみると、そこはナーサリーでした!

チェルシー地区で最も古いナーセリー

名前はそのまま、WORLDS END NURSERIES(ワールズエンド・ナーサリーズ)、チェルシー地区で最も古いナーサリーだそうです。植物はもちろん、大きなプランターやトレリスやベンチなど、そしてコンポスト(培養土)まで。ロンドナーが玄関先やバルコニーに欲しいと思うものが一式揃っています。細長い店内はまるで隠れ家のよう
店内には真っ直ぐ細長い小道があり、所狭しと植物が置かれています。この時期でもグリーンでいっぱいなのは、売られている植物のほとんどが常緑だから。手前にはプリムラなどのカラフルな小鉢も並びます。

トピアリーや鉢も勢ぞろい

垣根をくぐりぬけるとさらに売り場が広がります。ここには、ツゲはもちろん、ベイリーフやオリーブなど、インスタントに玄関先を飾れるトピアリーも。

 


鉢の品揃えも見事。テラコッタのものよりも、グラスファイバーの軽いモダンなものがよく売れるそうです。

 


外から見るとそんなに広くないのですが、敷地は1エーカー(約4,000平方メートル)。古い温室を利用したインドアグリーンの売り場もありました。
雑誌などでは出会ったことはありませんでしたが、園芸好きのロンドン観光にはおすすめの場所です。

 

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。

『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

|

PAGE TOP