傘が大活躍!クリスマスデコレーション

来週末はいよいよクリスマス。人々の話題はクリスマスをどう過ごすかで持ち切り。そして、街はクリスマスプレゼントを買う人であふれています。今回は園芸とは少し離れますが、ちょっと変わったクリスマスデコレーションのアイデアをご紹介しましょう。

赤い雨傘を逆さにして、クリスマスオーナメントのサンタやボールを吊り下げたもの。イギリスらしい、真っ赤なポストやスコッチテリアもあります。

雨傘が星空に・・・


雨傘をゴールドにスプレーしてゴージャスに。星の模様がクリスマスライトに照らされ、ガラス玉もキラキラ光っています。後ろには、室内に持ち込んだ木の枝をライトアップしています。

日傘もクリスマスデコレーションに変身!


ブルーのレースの日傘に雪の結晶やつららのオーナメント。これらは、とある保育園で撮影したものです。傘のデコレーションは全部で7つ。先生それぞれの作品で、保育園に通う子供達はもちろん、親が投票してベストを決めます。

玄関にはスノーマンとキャンディーケーン


キャンディーケーンとは杖の形をしたペパーミント味の飴のこと。逆さにするとイエス・キリストのイニシャル「J」になることから、クリスマスの飾りの一つになっているそうです。クリスマスはイギリスに住む子供たちにとっても一大行事。クリスマスはどういうものかというお話を聞いた後、サンタクロースが保育園にやってきて、クリスマスディナー(七面鳥と野菜のロースト)をみんなで食べてお祝いします。

Wishing you all a merry Christmas!

 

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。

『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

|

PAGE TOP