この冬初めてのハードフロスト

比較的暖かかった今年の冬。先週初めてマイナス7度の予報が出て、その翌朝、イギリスのほとんどの地方が氷に包まれました。その前日までは元気に咲いていたルドベキア‘ダブリン’(Rudbeckia ‘Dublin’)もまるで砂糖菓子のようです。

ガーデンも冬の顔

 

20161205photo2
四季咲き性のバラはまだつぼみや花をつけていましたが、この霜で葉まで凍ってしまいました。後方のつげの刈り込みも全体にうっすらと霜がかかり、普段とは違った顔を見せます。冬にしか見られないひっそりとした美しさです。

霜のかかったイヤリング

20161205photo3
ヒマラヤンハニーサックル、またはフェザントベリー(Leicesteria formosa)と呼ばれるハンサムな低木。ユニークな形の大きめの葉、バーガンディーカラーの花、鳥を魅了する実と三拍子揃っています。霜が降りると、イヤリングのような花はより魅力的に。

バードフィーダーも真っ白に

photo4

陶器製のバードフィーダーも真っ白。フロストプルーフ(対霜保証)はこうしてしっかりと実証されています!寒くなると、自然界に食べるものが少なくなるので、鳥たちはバードフィーダーを頼って庭に集まってきます。

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。

『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

 

|

PAGE TOP