夏の終わりを迎えた庭では

夏咲きの原種シクラメン・プルプラッセンス

 

毎月「早いもので」って思いながらこのコラムを書いていますが、本当に早いものでもう9月ですね。
8月は天候不順なのか豪雨に強風、かと思えば今度は猛暑で、我が家の庭は散々な結果に終わりました。
7月まで頑張っていた大切なオールドローズたちも気がつけばハダニに黒星病、おまけに高温障害。
慌てて消毒をしてももう手遅れで、葉はボロボロになってしまいました。
以前、撮影でよく伺った京成バラ園の鈴木満男先生が「春に良い花を咲かせたかったら、秋に良い状態を保つのが大切だ」っておっしゃっていましたから、来年の我が家のオールドローズは早くも期待薄ってことになりそうです。

 

庭を彩る夏咲きの原種シクラメン

そんな我が家の庭で、いつも好成績なのが原種シクラメンです。
特に、遮光した棚の中にある夏咲きのプルプラッセンスの一番の大株。
8月の終わりでも、7月初旬に咲き始めた花が、甘い香りを漂わせながら次々と咲き続けていました。
同じく原種シクラメンのコウムは小さな葉をつけはじめ、秋咲きのヘデリフォリウムとグラエカムもあちこちで咲き始めました。
本当に手のかからない可愛い子たちです。

 

秋の楽しい園芸作業の前には……

9月に入って少し涼しくなると、待ちに待った園芸シーズンの到来ですね。
夏の間は暑くてできなかった、南アフリカの小球根や大木ナーセリーさんからお招きしたお宝のペラルゴニュームの植えかえや、タネまきと言う楽しい作業がやっとできるようになります。
でも問題はそうやって増えてしまった新しいポットをどこに置いたらよいのか……ということ。
楽しい作業の前にはやらなきゃいけないことが山積みのImai Gardenなのでした。

 

Nerine massoniorum
南アフリカ原産の小型で可愛いネエリネです

 


Pelargonium auritum
黒花で人気のオーリツムの白花と言うレアな一品です

 

 

Polyxena Longituba
秋咲きの小球根の1番人気、ポリキセナロンギチューバ

 

 

おまけは、毎年恒例の僕のバラのカレンダー。
主婦の友社発行、9月6日発売です!

 

著書プロフィール

Hideharu Imai 今井秀治

4g_mg_2109

フリーのフォトグラファー。
旅行雑誌の取材で行ったイギリスで、ガーデニングの魅力にはまり、仕事も園芸雑誌が中心に。
「趣味はバラとクレマチス、クリスマスローズの収集。最近は小球根も加わって、庭は足の踏み場もない状態です。主婦の友社のローズカレンダーは毎年好評でライフワークのようになっています」
https://www.facebook.com/hideharu.imai

 

 

 

|

PAGE TOP