春に作ったドライフラワーでスワッグ作り

こんにちは。
Plants あ屋 栄福綾子です。

関東は変な雨が続き。
家の周りは、毎年賑やかすぎるほど蝉が騒々しいのですが、今年はかなり少なく感じます。
暑さからは解放されていますが、いろいろと心配になりますね。

庭仕事もちょっとお休みな夏。
空いた時間は、室内で手仕事をします。

 

小さな花束を

家で作ったドライフラワーなどは、茎の長さなどがさまざまで、組んで合わせるのが難しいことも。
そんなときは、小さな束を作って留めていくこともできます。
こまかく作りこまなくてもいいですが、大きなものを作るときと同じように、隣り合う素材をうまく合わせてあげると、仕上がりの雰囲気もぴったりときます。
輪ゴムが劣化した場合に備えてラフィアでまとめます。

 

この小さな束に、もうひとつを重ねて。

長い枝で先端の花だけ使うようなものは、持ち手の長さを残しておくと束を留めていきやすいです。

 

 

大きなお花の位置を考えて

目立つお花の位置を重点に考えながら、ひとつの束にまとめていきます。

枝ものや背景になるようなものがあれば、最後に足してあげるとボリュームや雰囲気がアップして素敵です。

 

飾る場所などに合わせて包み、完成です!!
ドライフラワーは作ったけどそのまま・・・。
茎が短くてまとめられないものがたくさんある・・・。
という方。
是非お試しくださいね^^
束をたくさん作ってリース台にくくっていけば、豪華なリースも作れますよ。

 

 

著者プロフィール

Plantsあ屋 栄福綾子

Ayako Eifuku
04_dsc1629

「Plants あ屋」として、植栽や寄せ植え、個人レッスン、ワークショップなど、植物に関すること全般で活動中。
「植物のある生活を楽しみたい方のお手伝いをさせていただいています」

メール plants-aya@outlook.jp

https://www.facebook.com/plantsaya/

https://www.instagram.com/plants_aya/

 

|

PAGE TOP