バラを追いかけるひと月

豊橋の有名なKさんのお庭。
2007年に伺って翌年に『園芸ガイド』でお庭を紹介。
それ以来、仲よくさせていただいているマイフェイバリットガーデン。

5月のスケジュールは天気とバラ次第

大好きなオールドローズがあちこちのバラ園で咲きだす5月。
伺う約束のお庭は日に日にきれいになって行くという、僕にとっては嬉しいけど、とにかく忙しい1カ月です。
僕の撮影の基本は、晴れている日の早朝か夕方。
翌朝晴れていそうなバラ園を天気予報で探して撮影し、終わったら今度は夕方の天気が良さそうなお庭に移動して撮影……というような、当日になってみないと僕自身でさえわからない毎日が続きます。

めまぐるしくも嬉しいバラを追う旅

たとえば今回。
日曜日の朝、千葉県我孫子市の個人邸で撮影してから浜松に移動し、夕方から浜松のオープンガーデンのお庭を撮影して豊橋へ。
翌朝は、豊橋の素敵なオープンガーデンK邸から、夕方は名古屋のオープンガーデンへ。
名古屋での撮影中に、「岐阜の花フェスタ記念公園」からオールドローズが良い感じですと連絡が入り、今度は名古屋から岐阜へ移動。
2泊して、次は岐阜でご一緒した先生から、三重の「赤塚植物園」の新しいバラ園が素晴らしいと勧められて三重県津市へ行き……。
結局、帰ってきたら5泊6日の撮影旅行になっていました。

それでも伺えたバラ園やお庭はごくわずかで、伺えなかったバラ園の撮りたかったバラはもう終わってしまっていました。
この時期は体が2つあったら良いなと思いながら、毎年撮影しています。
そして次回は、豊橋の個人邸→滋賀県「ローザンベリー多和田」→岐阜県「花フェスタ記念公園」→新潟県「越後丘陵公園 香りのばら園」→栃木県「コピスガーデン」と、再び6泊7日の旅が始まります。
各地でバラに会えるのは嬉しいですが、その間、愛犬さくらに会えないことは寂しくてたまりません。

 

今年撮影した庭やバラたち

庭作りを始めてまだ2年と言うのが信じられない素晴らしいお庭群馬県太田市のM邸。

 

Mme.Legrand
大好きなオールドローズ中でも特に好きなのがモスローズです。

 

Jacques Cartier
色も花の形も言う事なし。しかもポートランドローズで、よく咲く優れたバラ。

 

Cardinal de Richelieu

青いオールドと言ったら‘カージナル リシュリュ’。

 

著書プロフィール

Hideharu Imai 今井秀治

4g_mg_2109

フリーのフォトグラファー。
旅行雑誌の取材で行ったイギリスで、ガーデニングの魅力にはまり、仕事も園芸雑誌が中心に。
「趣味はバラとクレマチス、クリスマスローズの収集。最近は小球根も加わって、庭は足の踏み場もない状態です。主婦の友社のローズカレンダーは毎年好評でライフワークのようになっています」
https://www.facebook.com/hideharu.imai

 

 

|

PAGE TOP