もうすぐ、待ちわびたバラの季節

 

バラを追いかけるシーズンの始まり

「スノードロップが咲きだした」「シクラメンコウムだ」「ムスカリが可愛い」「春ですね」なんて言っていたと思ったら、あっという間にチューリップが咲きだして「庭が賑やかになってきたな〜」なんて思っていたら、もうバラの季節が目の前まで来ていますね。

我が家のモッコウバラも咲きだしたし、京成バラ園では、‘カナリー バード’ が黄色い可憐な花を枝いっぱいに咲かせていました。
‘カナリー バード’ の次は、ロサ・キネンシス・スポンタニアなどの原種のかわいいバラが次々に。
そして、ピンクの可愛いチャイナローズが咲けば、次はいよいよお待ちかねのオールドローズの出番です。

誰もいない静かな朝の光りの中、あるいはお客さんが帰った後の静けさの中のバラ園で、一人でオールドローズを撮影できる幸福な時間がもうすぐそこまできています。

千葉県の「京成バラ園」や「草ぶえの丘 バラ園」、神奈川県の「花菜ガーデン」や岐阜県の「花フェスタ記念公園」が、5月初旬から中旬、その後は新潟県の「国営越後丘陵公園 香りのばら園」。
6月に入ると、栃木県の「コピスガーデン」、さらに軽井沢や東北の庭へ。
そして7月初旬の北海道の「岩見沢バラ園」まで、約2カ月半の長く楽しい僕のオールドローズ撮影の旅は続くのです。

 

カナリーバード Canary Bird (R.xanthina) 1907 イギリス
バラのシーズン到来を告げる誰からも愛されるバラ

 


ロサ・キネンシス・スポンタニア R.chinensis spontanea
1983年、荻巣樹徳先生によって再発見されるまで、幻のバラと呼ばれていた中国のバラ

 


エルモサ Hermosa (ch) 1837 Marcheseau フランス
可愛いチャイナローズの中でも一番の美人さん

 


紫玉 Shigyoku (G) 19世紀後半 日本
唯一の日本生まれのミステリアスな、でもとっても綺麗なガリカローズ

 

著書プロフィール

Hideharu Imai 今井秀治

4g_mg_2109

フリーのフォトグラファー。
旅行雑誌の取材で行ったイギリスで、ガーデニングの魅力にはまり、仕事も園芸雑誌が中心に。
「趣味はバラとクレマチス、クリスマスローズの収集。最近は小球根も加わって、庭は足の踏み場もない状態です。主婦の友社のローズカレンダーは毎年好評でライフワークのようになっています」
https://www.facebook.com/hideharu.imai

 

 

|

PAGE TOP