春のボーダーガーデンに思いを馳せて

こんにちは、白馬コルチナ・イングリッシュガーデンの西田です。

 

ついに3月ですね!

コルチナは相変わらずの凄まじい雪ですが、

日に日に気温が上がってきて、

僕らガーデナーの季節が近づいてきましたよー♪

 

いずれにしても、まだ3メートル以上の雪が積もっているので、

雪がとけてくる4月まで、

ガーデンでは雪の中で何が起こっているのか…?

まるでパンドラの箱庭状態です!<笑

 

2年前は大雪だったので、

雪の重みで潰されてしまい、バラやアジサイなどの低木はボキボキ!

オーナメントなどガーデン構造物は折れたり曲がったりでムチャクチャという、

災いだらけだったんです。

今年はどうなっているのかなあ…。

なんだか恐いもの見たさというのでしょうか、

この時期から雪解けまで、1~2ヶ月の間、ドキドキ!!です。

・ボーダーガーデン

今回は多種多様な植栽がしてあるボーダーガーデンをご紹介したいと思います。

当ボーダーガーデン(イングリッシュボーダー)では、

石垣に地元の石(千国石)を使用しております。

雪国の当ガーデンでも決して割れず、また雰囲気のある重厚感が素晴らしく、

僕も大好きなエリアです。

・サンギソーバ・メンジェシー

ボーダーガーデンの中でも存在感のある植物で、

ワレモコウとカライトソウを足して2で割ったような植物です。

つぼみの時期はワレモコウのような小豆色ですが、

花が咲くと柔らかいピンク色に変化します♪

・ゲラニウム・ジョンソンズブルー

イングリッシュガーデンではド定番ですが、

やはりこのブルーはすてきです。

なかなか他の植物には出せない色ですよね♪

・エノセラ・クラウン オブ ゴールド

斑入りの宿根草はたくさんありますが,

このエノセラの黄斑はみごと!!花色と同じくらいの黄色い斑ですよ~!

次から次に咲く花も素晴らしいですが、

花が終わってからも葉の色を楽しめる植物だと思います!

・カンパニュラ・ラクティフロラ

割と草丈が伸びるので、

イングリッシュボーダーの中では後方に植栽すべき品種です。

柔らかい藤色の花は他の植物と喧嘩せず、絶妙なセンスです!

 

当ボーダーガーデンには、これ以外にもたくさんの宿根草が植栽してあり、

6月下旬は本当に素晴らしいエリアとなっています。

ここ白馬では、4月に入ってから雪がとけるので、

春がくるのが待ちどおしいです。

著者プロフィール

白馬コルチナ・イングリッシュガーデン
チーフガーデナー

Baisho Nishida
西田倍章

白馬コルチナ・イングリッシュガーデンの西田さん

幼いころから植物に親しみ、多くの植物を栽培。コマツガーデンにてバラの栽培管理と生産を学び、バラ‘ジェントリー ウィープス’を作出。2010年より白馬コルチナ・イングリッシュガーデンのガーデナー。

白馬コルチナ・イングリッシュガーデン
http://hakubacortina.jp/englishgarden/index.html
ホテルグリーンプラザ白馬
http://www.hgp.co.jp/inf/Z01/hgp/

白馬コルチナリゾート
http://www.hgp.co.jp/cortina/ski/index.html

 

 

|

PAGE TOP