コッツウォルズ地方にあるデリカテッセン

ジェイミー・オリヴァーなどの人気シェフによる効果で、イギリス人の食に対する興味が高まったと言われています。都市部のアロットメント(市民農園)は順番待ち、レストランやカフェでも自家栽培した野菜をテーブルに運んでくれるところが増えています。コッツウォルズ地方にある数々のイギリスらしい町/村の中でも比較的賑やかな場所、Broadway(ブロードウェイ)にあるデリカテッセンに立ち寄りました。

丸テーブルの真ん中にストロベリー


大人数で座れる大きな丸テーブルがあり、その中央にはテラコッタの大きな鉢に植わったストロベリーとハーブロバート (Geranium robertianum)。向こう側が見えないほどに育っていて、相席した場合のいい目隠しにもなります。

カトラリー入れやディスプレイに缶を再利用

ランチをオーダーすると、番号の書かれた木ベラと缶に入ったフォークとナイフがやってきます。店頭では、パセリの束を大きな缶に入れて売っている姿も。

BROADWAY DELI

 

 


店頭では、野菜や玉ねぎをこんな風におしゃれに販売。フレンチスタイルのベーカリー、香り溢れるイタリアの食材から種類豊富なスパイスまで、何でもあります!コッツウォルズ地方を旅するチャンスがあれば、「BROADWAY DELI」にぜひ立ち寄ってみてください。

http://www.broadwaydeli.co.uk

著者プロフィール

白井法子

白井法子さんケンブリッジ大学植物園での研修後、夫ともに再び渡英。
イギリス園芸関係のジャーナリスト、写真家などで構成される、ザ・ガーデン メディア ギルト正会員。『園芸ガイド』で「イギリス・ガーデニングレポート」を連載中。

 

|

PAGE TOP