「世界らん展日本大賞2017」開催中

世界最大級のらんの祭典、「世界らん展日本大賞2017」が2月17日(金)まで、東京ドームで開催されています。

注目の日本大賞に選ばれたのは

出展総数は約 3000 種、約 10 万株、250 万輪以上。
審査申請総数 1316 作品の中から「日本大賞」に選ばれたのは、デンドロビューム グロメラタム ‘ロング ウェル’ です。

Den.glomeratum ‘Long Well’

 

東京ドーム内は百花繚乱!

 

会場となる東京ドームのアリーナには、各部門の受賞花をはじめ、来場者を出迎える宝塚歌劇団の世界をイメージした「オーキッド・ゲート」、今年の干支である「鳥」や人気の猿に似たランが展示されている「オーキッド・パーク」、特別展示など、多彩なランで彩られた迫力のあるディスプレイがあふれています。

特別展示の假屋崎省吾さんの「蘭の世界」

 

子どもが楽しめるような展示も

見どころいっぱいの場内ですが、私が見入ってしまったのは、めずらしいランが勢ぞろいしている「オーキッド・パーク」。
お子さんでも楽しめるように展示が工夫されています。

スパイダーオーキッド

 

会期は17日(金)までです。
ランの苗の販売ブースも充実しています。ぜひお出かけくださいね。

 

 

 

|

PAGE TOP