希少品種も展示! 小田原でのパンジー・ビオラ展

雨畑 硯さん作出の「華月ピコティ」

 

引き続き注目の育種家のパンジー・ビオラ

毎年10月ごろから園芸店で買い求められるようになったパンジー・ビオラ。
なかでも、個人育種家の方々が作り上げた品種はどれも個性的でそれぞれが魅力にあふれたものばかりで、毎年注目を集めています。
ただ、これらの品種は大量生産をしていない品種もあり、園芸店でさがしても実際に目にする機会が少ないものもあります。
そこでぜひ見に行っていただきたいのが、「パンジー・ビオラ展」です。

 

雨畑 硯さん作出の「茜玉(あかねだま)

 

雨畑 硯さん作出の「レッドウィングオレンジ」

 

神奈川県で誕生したパンジー・ビオラが揃い踏み

2017年1月7日(土)~15日(日)まで(※1月10日は休園日)、神奈川県の「小田原フラワーガーデン」にて、「パンジー・ビオラ展」が開催されます。
ここでは、神奈川県内で個人育種家が作出したパンジー・ビオラが多数展示されます。
パンジー・ビオラに詳しい人ならピンと来るはずの、笈川勝之さん、早野雪枝さん、落合けいこさん、雨畑 硯さんら育種家が協力しており、彼らの作品群もじっくり見られそうです。
そのほか県内の生産農家や花の豆知識の紹介も。
展示会最終日の1月15日(日)には、展示品の一部が即売されるので、希少品種を入手するチャンスです!

 

春に向けて全国でパンジー・ビオラ展が開催されますが、まずは首都圏からも行きやすい小田原で、この花の魅力に触れてみてはいかがですか?

小田原フラワーガーデン
http://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/

|

PAGE TOP