ベゴニアのマルシェ&ワークショップ開催!

 

ベゴニアの魅力を満喫できる2日間

最近、じわじわと人気が高まりつつあるベゴニア。
花のかわいらしさもさることながら、葉の色や模様がとにかく芸術的!
観葉植物としても楽しめる注目のプランツです。
そんなベゴニアを古くから生産している東京・府中市のナーセリー「花郷園」にて、ベゴニアマルシェが開催されます!

 

花郷園 「Begonia Marche(ベゴニアマルシェ)」

日時:10月20日(金)21日(土) 10:00~17:00
場所:花郷園ベゴニア大温室にて
詳細は花郷園のホームページにて→

花郷園はクリスマスローズのパイオニア―ナーセリーであり、一般市場にはなかなか出回らない珍しいベゴニアにも特化し、生産販売をしています。
春から秋にかけて楽しめるベゴニアですが、原種の数はざっと2000種以上も!
農場のハウスで、多彩な品種を目の当たりにできるチャンスです。

 

銅葉にシルバーのスポットが入り、淡いピンクの花も魅力的なベゴニア‘シャロンシラート’

 

葉は繊毛に覆われ、中央のイエローラインが個性的なベゴニア・リスターダ

 

ピンクがかったシルバーグレーの葉が美しいベゴニア‘ミラージュ’

 

 

マルシェのお楽しみ、ワークショップの参加者も募集中

マルシェ期間中の2日間は、ワークショップも開催します。

①「ベゴニアを使ったハロ―ウィンリース」
フォーチュンベゴニアと黒葉がおしゃれなベゴニア‘黒鷲(くろわし)’を使ったハローウィンリース(直径33㎝)をお一人さま1台ずつ作成します。
講師は花郷園の園主、野口貴子さん。
はじめてリースを作られる方でも、見ばえのする素敵なリースができ、もちろんお持ち帰りができます。

日時:10/20(金)10:00~12:00
費用:¥8000(お茶菓子付き)

 

②「アンティークフォトボード作成&ベゴニア1株&フォトレッスン」
写真好きの方なら一枚あると便利なフォトボードを作成するワークショップ。
講師はペイントアーティストの大高吟子先生です。
ボードを背景にして撮影すればインスタ映えも抜群!
ベゴニア‘黒鷲’とお茶菓子、そしてプロカメラマン坂本晶子氏のプチ撮影アドバイス付きです。

日時:10/21(土) (午前の部)10:00~12:30 (午後の部)13:30~16:00
費用:¥8000

①も②も、要予約です。
こちら↓まで、メールでお申込みください。
takakokagoen@gmail.com

 

|

PAGE TOP