寄せ植え作りの旬は秋~冬!

 

ワクワクが止まらない園芸店で…

『園芸ガイド』の鉄板企画といえば、「寄せ植え」です。
ほぼ毎号、いろいろな先生に寄せ植えを作っていただき、多彩な作品を誌面で紹介しています。
先日、来年度用の撮影を、九州のとある園芸店でしてきました。
元気で活きのいい……といえば、ピンと来る方も多いのでは。
まさにそのキャッチどおり、植物もスタッフも元気いっぱい、苗を選ぶ側もワクワクが止まらない、あの植物専門店です!
今回は、そのお店を舞台に、店長さんと、ゲスト(園芸ガイドではおなじみ♪)の方、お二人それぞれに寄せ植えを作っていただきました。

ゲストというのは……、
img_1680

身長183cmのイケメンのあの方です! わかるかなー。
Tさん、寄せ植え制作の合間に、カメラマンのカメラバックを物色中。
撮影機材に興味津々で、「これ何ですか?」「どうやって使うんですか?」「これがあるとどう変わるんですか?」「どのカメラにも対応してます?」と、カメラマンを質問攻めに。

 
そして、こちらがこのお店の名物店長、、、ではなくて、その方の作品…
img_1696
を、Kカメラマンが撮っているところです。出し惜しみですみません。
作品は掲載号の誌面でキッチリご紹介しますのでしばしお待ちください。
お二人とも、秒殺ものの素晴らしい寄せ植えを作ってくださいました。

寄せ植え素材が次々と入荷中

このお店をはじめ、11月の園芸店は秋~冬ものの草花苗であふれています。
パンジー、ビオラを筆頭に、シクラメン、ストック、ネメシア、ハボタン、エリカ。
リーフ類も、斑入りやシルバー系、銅葉やライム系など、「寄せ植えのおとも」がいっぱい。
現在発売中の『園芸ガイド 秋・特大号』にも、まさにいま作れる寄せ植えがたくさん載っていますよ!

img_1746
(こちらは、秋・特大号の土谷ますみさんと佐々木幸子さんの寄せ植えページです)

ぜひ誌面を参考に、いまが旬の寄せ植え作りを楽しみましょうー。
まずは『園芸ガイド』を片手に、園芸店へGo!です。

 

 

|

PAGE TOP