「ハッピーベジタブル・ワークショップ」開催レポート

「丸の内タニタ食堂」にて行われたハッピーベジタブル・ワークショップに参加してきました。㈱サカタのタネと㈱タニタが共同開発した定食メニューをいただきながら、野菜についてはサカタのタネ、メニューについてはタニタのご担当者から、農業女子(女性の生産者)からは、野菜を育てについてのお話を伺う、という盛りだくさんな内容。農林水産省が推進している「農業女子プロジェクト」の一環のイベントです。

ナス「ごちそう」を使ったヘルシーな定食メニュー

写真は、当日いただいた定食メニュー。メイン料理は「鮭の唐揚げとナス‘ごちそう’のサラダ仕立て~バーニャカウダソース」。ナス‘ごちそう’は、サカタのタネのナスの品種で、生食できる水ナスタイプ。果肉がやわらかく、アクが少なく、甘みが強いナスです。

生でも、焼いても蒸してもおいしい!

なす‘ごちそう’を、生と焼いたものと蒸したものを参加者全員で食べくらべ(右下のポン酢をつけて)。会場のみなさんの、食べ方の好みはほぼ1:1:1でした。

農業女子プロジェクトからはメンバーの宮本優美さん(左:神奈川県川崎市)と榎本房枝さん(右:埼玉県さいたま市)が参加。ナスをはじめプロの野菜育て経験を話してくださいました。ことしは雨が少なくてご苦労されているとのこと。東京近郊ではまとまった雨がなく好天続きですが、野菜のためにも雨が降ってほしいです。

週替割定食「鮭の唐揚げとナス‘ごちそう’のサラダ仕立て~バーニャカウダソース」のメニューは、丸の内タニタ食堂(千代田区丸の内3-1-1丸の内国際ビルヂング地下1階)で、7月24日かあら6日間の期間限定で提供されています!

 

|

PAGE TOP