園芸ガイド賞決定!(国際バラとガーデニングショウ)

国際バラとガーデニングショウが始まりました!

5月12日から、第19回国際バラとガーデニングショウが、メットライフドーム(埼玉県所沢市)で始まりました。(写真は開催前日の内覧会風景)

 

ガーデン部門のコンテスト審査に、ガーデニニング誌6誌が参加する「ガーデンマガジン賞」がことしから創設されました。「園芸ガイド賞」を差し上げたのは、

「HAPPY MOTHER’S DAY・感謝」(ホームガーデンカテゴリー)!

制作されたのは、国際バラとガーデニングショウに第1回から参加され、2回の大賞受賞経験もある「清水工業ガーデン」様。「植物も人間も、親から命を受け継いでいくのは同じ。母の日にちなんで17年間連続で参加した感謝の気持ちを表現しました」という清水ご夫妻。

「日々の暮らしの中でタネをまき、苗を育て、寄せ植えや花壇作りを楽しみ、庭で過ごす時間を大切にするーーそんな「植物のある暮らし」を楽しむガーデン」が園芸ガイド賞のコンセプトでしたが、まさにピッタリ!植物に囲まれて朝から晩まで過ごしたくなるようなガーデンです。

植栽されている植物は樹木からバラ、クレマチス、草花、球根まですべて、1年以上前からガーデンで実際に育てているものばかりだそう。植物どうしがすでに家族の雰囲気をかもしだしています。

おしゃれで暖かい手作りがたくさん!

清水工業ガーデンお得意の手作りの構造物は今回もすてきです。梁の上部に多肉植物を植えたパーゴラ、ガーデンタイトルのカービングも手作り!毛虫や蜂たちが遊び心いっぱいです。

なんと、池の金魚たちもご自宅ガーデンから連れてきたそうです!

 

国際バラとガーデニングショウは、5月17日(水)まで開催しています。ガーデンの実物を現地でぜひご覧ください。

 

 

 

 

|

PAGE TOP